5 31, 2007

鮮血の美学のリメイク

ウェス・クレーヴンは「鮮血の美学」のリメイクを任せる監督を決定した。マリアンヌ・マッダレーナ(Marianne Maddalena)、ショーン・S・カニンガムと共同経営しているクレイヴン・マッダレーナ・フィルム(Craven/Maddalena Films)の決定で、デニス・イリダス(Dennis Iliadis)監督に白羽の矢を立てた。イリダス監督は初監督作品「Hardcore」(2004)での女性描写に惚れ込んだようだ。脚本の洗い直しには新鋭のアダム・アレカ(Adam Alleca)と組む。

オリジナルでは、犯罪者らは被害者の両親の手で殺されるが、新脚本ではより現実的な結末にしたい、と語っている。

より現実的な結末……なんだ、めちゃくちゃ気になるじゃないのさ。
参照: [Variety.com]

20070530newlasthouse.jpg
出演の犠牲者かな?

投稿者 kaburagi : 22:39 | コメント (0)